シースリーの施術は痛いと聞きましたが本当ですか?

全身脱毛と言えば、少し前まではニードルを使用して電気脱毛が主流になっていました。ニードル脱毛とは、針を毛穴に刺しこんで、微弱な電流を流して毛根を焼く方法です。
永久脱毛は可能ですが、強い痛みがあったため、今でも全身脱毛は痛みがあるのではと、不安になる方が多いですよね。

しかし、今はほぼ痛みのないフラッシュ脱毛が主流になっています。

脱毛は痛みが不安

シースリーの光脱毛マシンとは

黒いメラニン色素に反応する複数の光を使用して、脱毛したい箇所に光を当てて脱毛する方法です。
フラッシュ脱毛とも呼ばれ、照射時間は両ワキの場合、3~5分程度の短時間になります。
サロンによって、脱毛の前後に保湿クリームを塗ってケアしてくれる所もありますので、処置時間はもう少し余裕を見た方が良いでしょう。

痛みは、個人差がありますが、輪ゴムで肌を弾いたようなチクッとした痛みを感じるという方もいます。
しかし、ニードル脱毛のような痛みは全くなく、安心して施術を受けることができます。

また、黒い色に反応するので、ほくろや大きなアザなどがある場合には施術できない可能性もあります。
心配なら、カウンセリングで相談してみましょう。

シースリーでも何度も照射する必要あり

照射による脱毛は、生えてきた黒い毛に反応するため、何度かに分けて照射しないと完全に脱毛することはできません。それは、毛には生えてくるサイクルがあるからです。

髪は抜けても、また生えてきますよね。それは毛には毛周期という生え変わりがあるからです。
今は、毛は見えなくても毛穴の中で成長を待っている毛の元も存在します。
そんな生えてきていない毛には、いくら光を当てても脱毛することはできません。

通常、サロンでは1度脱毛処理を行うと、1~3ヶ月後にまた、通うことになります。
毛の濃さで違いはありますが、ワキの場合、脱毛完了までに1年半~2年はかかることになります。

光脱毛って大変だと感じるかもしれませんが、短時間で終了するので、手間がかからず、回数を重ねると自己処理も楽になります。
ツルツル美肌を実現したいなら、痛みの少ないシースリー 脱毛をおすすめします。